ウエスタンブーツのお手入れ方法

ブーツを手入れするその目的はブーツをいいコンディションに保ち、長く付き合っていく一足に仕上げる為です。 革は無数の繊維の集合体であり、その繊維同士が堅く結びついているほどその革は強靭な革となります。 ブーツを手入れするという事はその結びつきを粘り強くするという事になります。
一般的には革商品は良く解らない、ケアが難しいなどと思われ、奥手になりがちです。 簡単に考えて頂ければご理解いただけるかと思いますが、動物の皮です。 人間も同じ皮(皮膚)をまとっている生き物です。 健康でいれば健康な肌(皮膚)。太れば皮も伸びるし、骨折をすれば皮も破れる(場合もあり…)。 女性がスキンケアをするようにお手入れをしてあげれば末長く美しい革を楽しんで頂けるのです。

【ウエスタンブーツのお手入れ方法 】

ウエスタンブーツでは一般的に多く使用されているスムースレザー。非常に丈夫な革で、オイルレザーやスウェードに比べて、 比較的汚れにくく、汚れも落としやすいのが特徴でしょう。 基本的にはブラシで全体的なホコリやウエルト部分の汚れを落とし、その後クリーナーでしっかりと汚れを落とす。 仕上げに靴クリームやポリッシュ、ワックス等を塗ってツヤを出して終了です。 ツヤ出しは好みによりますのでツヤをあまり出したくない人は磨きすぎない方が良いでしょう。

お手入れ方法1 お手入れ方法2

1.ブラッシング

まずブラシで全体的な汚れ、ホコリ等をしっかりと落とします。 またウエルト(ソールと革を縫い合わせている靴の外周部分)などにはホコリなどが溜まりやすいのでココもしっかりとブラッシングしましょう。 ウエルトの部分の細かい部分などのブラッシングは使い古した歯ブラシなどが便利です。

2.クリーナーで汚れを落とす

まず、靴の汚れを取るために、クロスにクリーナーをつけます。 専用のクロスが無い場合はTシャツの切れ端などの天竺生地の物がお勧めです。 (アッパーに傷が付きづらく、摩擦効果が良い為)今回は当店で販売中のお手入れセットを使用しています。 クロスにたっぷりとクリーナーを染み込ませ、全体を拭きあげます。 この時ステッチを拭くと色が付いてしまう可能性があるのでご注意ください。 かなり根気のいる作業ですが、ここでしっかり汚れを落としておくとブーツクリームが良く染み込みます。
 
お手入れ方法3 お手入れ方法4

3.ブーツクリームでアフターケアー

クリーナーが完全に乾いた後はブーツクリームでコンディショニングをします。 ※まず目立たない場所で変色しないかを確かめてください。 クリーム用小ブラシにクリームを少量を取り、全体に薄く伸ばしながら油分を補給しましょう。 一箇所にタップリ付けてしまうと染み込まずにシミになる可能性があるので、少しずつ伸ばしながら塗りこみます。 全体に塗り終えたら染み込むまで通気性の良い日陰に置き、約1日ブーツを寝かせて下さい。 ※急激乾燥はお止め下さい。

4.仕上げの工程

ブーツクリームが染み込みオイリーになったと思います。
※この時点で全体が白っぽくなる場合がありますが染み込み切れなかったオイルが固まっただけですのでご安心ください。 新しいクロスや、クロスの綺麗な部分で全体を拭きあげていきます。 この時、適度に力を入れて染み込まなかった余分なクリームを取り除くと同時に、全体を磨き上げていきます。
 
お手入れ方法5 お手入れ方法6

5.コバ・ヒールの色付け

使用していくうちにコバ(アウトソールの外側)やヒールの色が削れ薄くなるので定期的に色を付けてあげましょう。 コバ・ヒールの色と同色のポリッシュを適量クロスに取り、力を入れコバを磨き上げていきます。 全体に塗れた所でゴシゴシとクロスを摩擦させ光沢を出します。 ポリッシュの成分には蝋が入っていますので、摩擦で蝋の成分が溶け光沢が出てきます。 ヒール部分も同様に色付け出来ます。

6.最後の一手間

ここまでのお手入れご苦労様でした。一足頑張ると手も疲れ、集中力も残りわずかとなっているかと思います。 しかし、あと一手間です。 最後に一般に販売されている靴用の防水スプレーを全体に30cmほど放し、全体に吹きかけ終了です。 防水スプレーの成分にも蝋が入っており、防水効果と同時に汚れの付着を防ぐ事ができるので、今後のお手入れがずいぶん楽になります。
 

【トカゲ・ワニなど爬虫類のお手入れ方法】

爬虫類革のお手入れ方法 爬虫類革は、とてもデリケートな素材ですのでご注意が必要です。 まず、柔らかい布かブラシで汚れを落としてから、爬虫類専用のクリームをクロスに染み込ませ、薄く伸ばしましょう。 普通のブーツクリームではシミになってしまいます。シミにならない場合でも効果はなく、染み込まないのでお止め下さい。

蛇(パイソンやガラガラヘビなど)は現在専用のケアクリームなどはござません。当店でもさまざまな方法を試し試しで行なっておりますが、 今のところ適切なお手入れ方法は発見できておりません。 今後、新たに良いケアクリームやお手入れ方法などがございました際には、随時お知らせしていこうと思っております。

また、年月が経つと「黄ナリ」く変色致しますが、問題は無く変色を止める事は今のところ当店でも問題を解決できていません。

【雨の日のお手入れ】

まず初めに雨日の着用は出来ます。ですがそれなりの前準備とアフターケアーが必要です。 ソールとアッパーとはグットイヤーウェルト製法ですが、隙間などから雨が染み込むと、接合部分が劣化し弱くなります。 そのまま放置すると、結果ソールやコバが割れソールのリペア率が多くなります。 アッパーは濡れたまま何もせず放置すると、乾いた後に雨染みが出来たり、甲部分がひび割れを起こすなど修復不可能になる可能性が高いです。

雨の日に履く前の準備としては、靴用の防水スプレーを全体に吹きかけて頂きます。底張りをしていないレザーソールの場合、 ソールから雨水が染み込む事が多いので、ソールには気持ち強めにスプレーして下さい。 帰宅後、シューキーパー等で形を整えて乾いた布で優しく全体の水気を拭き取り、その後、新聞紙等を靴の中に詰め込み、 風通しの良い場所で日陰干しをして乾かしてください。

完全に乾いた後アッパーには、クリーナーや保湿クリーム等でコンディションケアをしましょう。 急激に乾燥させますとレザーが割れる可能性が高くなりますのでお避け下さい。

※雪の日も雨の日と同様です。

【ウエスタンブーツカンパニーとして】

当ショップとしては、もちろん日々の手入れは大切な事だと思っておりますが、お客様各個人のスタイルを一番大事にしております。 ウエスタンブーツをこよなく愛するカウボーイ達も必ずしも皆、きれいな靴を履いていたかというと、 そうではなくボロボロになりそれでも履き続けられ良い味となっているのです。 革靴の手入れ方法について上記にて述べて参りましたが、あくまでも参考の1つです。当ショップはお客様各個人のスタイルを尊重いたします。 きれいに履いているウエスタンブーツもあれば、ボロボロのウエスタンブーツもある、 その人の歩んできた歴史があり、最高にカッコイイブーツだと思っております。

ウエスタンブーツとどう付き合っていくのかは、それを着用する方に全てをゆだねられていると考えております。